teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


S励会など

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 8月22日(火)11時21分47秒
返信・引用
  先日、まことにくだらないと言い訳しながら書いた「E古田の四天王」の話、
メンバー全員を知っている方々の一部でバカ受けしたみたいです。
あのマジメな子たちが道衣に身を包んでポーズを決めるシーンを想像しちゃったんでしょうね(笑)。
先週はS励会試験。
5年前から毎年受験者がいるので、この季節は落ち着きません。
今回は特に信じられないような結果で、いまだに動揺が収まらない……。

そんな中で、「四天王」の一角、ツメキストRi君のS励会入会が決まりました。
5年前の当掲示板にRi君教室デビューのシーンを書きとめてありますが、
Ri君の将棋は、そのときから予想していたとおりの進化をとげてきたように思います。
とはいえこれからが修羅の道。
孫のような友だちのようなRi君に幸いあれと祈るばかりです。

教室を10年もやっていると、いろんなことがありますね。
その昔、山羽生師匠がオフィスでこんな話をしたことがありました。
「さっき埼京線の座席で詰将棋を解いていたら、目の前に立っていた子がじってのぞきこんできたんです。
だんだん熱中してきたみたいで、身を乗り出してくる(笑)。
解き終わったあとも、ページをそのままにして見やすいようにしてあげました。
池袋に着いたので、悪いけど降りたんですが、顔を見たらどうも見覚えがある。
ちょっと吊り気味の目で、教室の子にいたような気が……」
その問題をコピーして、翌日教室でМ君に見せたら、「あー―――っ!!!」と絶叫したのは言うまでもありません(笑)。
その教室第1期生М君からメールがあったのが2週間前。
「手合さん、一緒に飲みましょうよ」
なんとナマイキな(笑)。
とはいえ、考えてみるとМ君も21歳。
そのころの自分がどれだけ飲んでいたか、思い出したくもありません(笑)。
さっそく池袋のビアホールで大いに盛り上がったのでした。
М君、B衛大学校4年。
20キロの荷物を背負い、4キロの銃器を抱えての行軍で鍛えたからだは、「体脂肪率3.6%」(!)。
来年任官して海の守りに就けば、いきなり部下50人を率いる青年将校です。

その週の土曜日、教室には年中の子が見学にきました。
年中といえば、光速の寄せで昇級街道驀進中のK太君と同級生。
あそこまで強いはずはないだろうと思って手合いをつけていたのですが――。
対局が終わるごとに見学にきたH君の声がひびきわたります。
「ありがとごじゃましたー」
「ありがとごじゃましたー」
その挨拶が異常にかわいい(笑)。
挨拶はかわいいのですが、将棋はもはやかわいくない(笑)。
入会したら、「年中コンビ」から目が離せそうもありません。
「E古田の四天王」のようなグループ名を考える日がくるか。

とまあ、「四天王」のような新ネタを探していたら、今週の大会でひとつ。
日曜日は「S月のライオン大会関東予選」があり、S学生J名人KN君が全国大会代表の座をゲットしました。
KN君、トーナメントにめっぽう強く、全国優勝も夢ではない。
その翌日は「Jrプレミアム大会」があり、KN君を決勝で破ったピアニストHA君が優勝。
この大会、「豪華賞品」が予告されていたものの、当日まで内容は伏せられていました。
大会が終わって明らかになった「豪華賞品」は――
優勝者はT童で開催される「全国こどもS棋王決定戦」に招待されるというもの。
なかなか面白い趣向ですね。
というわけで、ピアニストHA君は全国のS棋キングとなる可能性がある。
KN君が「S月のライオン全国大会」を制し、HA君が「S棋王」となれば……。
もちろん「E古田のライオン・キング」と呼ぶしかないでしょう(笑)。
 
 

当道場推薦!М八幡の三ツ星レストラン

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 8月15日(火)16時15分10秒
返信・引用
  すでにみなさんにメールでお知らせしたとおり、
オムシェフY君のお店がついにオープンしました。
開店と同時にかなりの盛況になっているそうです。
みなさん、ぜひご利用ください。
以下、シェフからのメールを添付しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・

このたび、8月9日に新しいお店をオープンしました。
おいしい料理、お飲み物と、 くつろげる空間を
お客様に届ける。の意味で店名を「gift」と名づけました。
https://reserva.be/giftgroup

ランチは洋食で、主にカレー、オムライス。
ジャパン・レストランシステムで学んできたことを活かしています。

ディナーはアヒージョ、パエリアなどスペイン料理を軸に赤身ステーキがおすすめです。
和牛のモモ肉ステーキ、ハラミ肉プレートは絶対に食べてほしいメニューです。

ランチ11時30分~15時
ディナー18時~22時
22時以降はbar営業しております。
月曜日、定休です。
よろしくお願い致します
 

賞金稼ぎの季節

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 8月10日(木)16時09分59秒
返信・引用
  今日はS棋ウォーズK神戦、明日はH成S強戦、日曜はY浜М人戦。
K神戦は優勝賞金51万円だそうで、アマ棋戦としては破格です。
ぜんぶ優勝すると76万円相当の収入になるとあって、みなさん気合がちがうようですね。
とりあえずK尾師範代とたまゆら先生がベスト8という情報が入ってきました。
H成S強戦はT下師範代が前年優勝、Y浜М人戦は右玉Fさんが一昨年の覇者。
当道場関係者が賞金大会に強いところをぜひ見せつけてもらいたいものです(笑)。

私は知らなかったのですが、K神戦って、会場にアマ強豪が集まっているのに、
選手が向かい合ってスマホやタブレットで指すのだそうですね。
しかも10分切れ負け。
かかっている賞金の大きさと、そのシュールな光景のギャップを考えるだけで、
失礼ながら笑ってしまいます。
相手の玉が詰んでいて、自玉は手つかずなのに切れ負け……
賞金51万円が逃げていくなんてことが当然のように起こる世界。
至近距離で観戦したらさぞかし面白いでしょうね。
選手のみなさんの脳裏に渦巻く罵詈雑言とか、ぜひ聞いてみたい(笑)。
 

社団戦順位

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 8月 7日(月)15時33分24秒
返信・引用
  東将連HPが更新されました。
1部ヤングチームはやはり暫定2位。
勝ち数はトップですが、いずれも微差です。
優勝圏内にいることはたしかですが、
無条件残留を確実にするためには、
あと3勝は必須です。

2部チャイルドチームは混戦のためか、
3つ順位が上がって暫定10位。
残りを4-3で入替戦を回避したいところです。

6部心チームは暫定トップ。
このリーグ、上位7チームと下位9チームが、
まるで別のリーグみたいにくっきり分かれています。
上位同士がほとんど残っているので、
ここから別のリーグ戦がスタートする感じですね。
3位に入るには、残り5-2は必要と思われます。

というわけで、27日はすべてのチームが勝負のとき。
気合を入れておすごしください。
 

K敷О将戦

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 8月 7日(月)13時59分16秒
返信・引用
  昨日のK敷О将戦高学年の部で、ツメキストRi君がみごと優勝しました。
教室がスタートして10年、上位入賞はありましたが、全国優勝は初めてです。
Ri君はこの2ヵ月ほど、これ以上ないほど充実していたので、
小学生に負けるイメージはまったくありませんでしたが、
一発トーナメントは何が起こるかわかりません。
ひたすら祈るような気持ちでK敷からのメールを待つ一日でした。
どんな競技でも、自他ともに認める優勝候補が無事に勝つと、
「うれしいというより、ほっとしたというのが正直なところです」
なんてコメントを出したりしますが、昨日の私の心境がまさにそれ(笑)。
これまでにも全国優勝候補者は何人もいたのですが、
東京予選でお互いにつぶし合ったりして、なかなかチャンスがこなかったのでした。

I塚門下のS励会員はじめ、クールボーイKSy君、Ri君などが集まって、
自主トレをしていたのが先週のことでした。
みんな10代前半ですが、将棋の内容はとんでもないレベルです。
幼稚園や小1のころから付き合ってきた子たちが、こんな将棋を指している。
あんなに小さかった子たちが――。
こんなとき、老人性涙腺弛緩症候群が発症しそうで困るんですね(笑)。
こらえているうちに、例によってくだらないことを思い出しました。
ここから先は、まったく無意味なので、御用とお急ぎの方はパスしてください。

R君がS励会に入会したのが3年前。
教室に残ったI塚門下の高弟は4人となりました。
彼らの名前をアタマの中で並べているうちに、
連続アニメ番組のオープニング・シーンのアイディアが浮かんだのです。
私が電車の中や会社のデスクで腕組みしているときは、
いつもものすごくくだらないことが脳裡に渦巻いているんですね(笑)。
たとえばこんな感じ。

A間神社のお堂にこもり、ひたすら将棋道の修練を重ねるI七段。
襲いかかってくる幾多の道場破りを迎え撃つのがE古田の四天王です。
勇壮なオープニング・メロディに合わせて、
道衣に身を包んだ少年たちが、ひとりずつ木の枝から飛び降りてくる。
着地するや、人差し指と中指で駒をかざし、キメのポーズをとって鋭く名乗る。
「ショウ!」
「リン!」
「ケン!」
「シ!」
4人そろったところでフォーメーションを組み、もういちどキメのポーズ。
そこに厳かなナレーションが響く。
E古田の将棋四天王、人呼んで「少・林・拳・士」見参!
ちょっと競技がちがうような気もしますが、テレビアニメになりませんか(笑)。
あ、この名前、4人のファーストネームの音読みですね。

この4文字、フォーメーションを変えるといろいろできます。
みんなで新定跡を研究し、初めて実戦で使うと、
「リン!」「ショウ!」「シ!」「ケン!」
となって臨床試験(笑)。

いくら真面目な子たちでも、そこは少年のこと、
ちゃんと勉強しているかと先生も心配になります。
そこで飛んでくるのが抜き打ちテスト。
「シ!」「ショウ!」「リン!」「ケン!」
となって師匠臨検。ちょっと怖そうです。
弟子たちもさるもの、こんなフォーメーションで先生に反論する。
「リン!」「ケン!」「ショウ!」「シ!」
臨検笑止。サボるわけないじゃないですか、というわけですね(笑)。
他にもいっぱいあったと思うのですが、まあいいでしょう。

それが3年前のことで、いまや四天王以外にも有望株がたくさんいます。
E古田の十二神将とかそろうと、さすがに言葉遊びはできそうもない(笑)。
というわけで、Ri君の優勝を喜びすぎて、いまだにハイな手合い係でした。
 

社団戦2日目③

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 8月 1日(火)11時42分16秒
返信・引用
  ごく簡単に振り返るはずが、ずいぶん長くなってしまいました。
クールボーイ君の会心譜、ぜひ並べてみてください。

先手:さる超強豪さん 後手:クールボーイ君@12歳
▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩
▲6六歩△8五歩▲7七角△6二銀
▲6七銀△4二玉▲4八銀△3二銀
▲4六歩△3一玉▲4七銀△6四歩
▲7八金△6三銀▲6九玉△7四歩
▲3六歩△5二金右▲5六銀右△5四銀
▲5八金△1四歩▲4八飛△9四歩
▲3八飛△7三桂▲3五歩△同 歩
▲同 飛△6五歩▲3八飛△8六歩
▲同 歩△7五歩▲同 歩△6六歩
▲7六銀△8八歩▲同 金△6五桂
▲同銀左△同 銀▲同 銀△4九銀
▲3四桂△3三角▲3九飛△5八銀成
▲同 玉△6七金▲4八玉△7七金
▲同 金△2八角▲3六飛△1九角成
▲2二銀△同 角▲同桂成△同 玉
▲5五角△4四桂▲5八玉△2九馬
▲3八銀△3九馬▲4九金△同 馬
▲同 銀△6三桂▲8二角成△3六桂
▲3七歩△8八飛▲4七玉△8九飛成
▲3六歩△4九龍▲5六玉△4四金
▲6六玉△6四歩▲同 銀△4六龍
▲5六歩△5四銀▲5七桂△8一歩
▲9一馬△8二香▲9二角△5五銀打
▲同 銀△同 銀▲7六玉△5七龍
▲5五歩△6四桂▲6五玉△5五龍 まで後手の勝ち
 

社団戦2日目②

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 7月31日(月)16時14分20秒
返信・引用
  最後に1部。初日はドリームチームとなり、暫定2位と夢のようなスタートです。
とはいえ、2日目は木枯らしN君、浪花の大豪Kさん不在。
ジャーナリストМ君も配属が決まって記者生活に入って、この日は仕事。
先週、「助からないようで助かっている」と書いたのは、
C学生K修会員、クールボーイKSy君が助っ人を快諾してくれたからでした。
24レーティングも2650点を超え、序盤の知識豊富、終盤の切れ味抜群。
1部でどんな将棋を見せてくれるか、私自身、興味津々でこの日を待っていたわけです。
さらにラッキーなことに、浪花の大豪Kさんもギリギリになって出場可能となりました。

初戦の相手はK大チーム。毎年のように当たっています。
特に今期は好調で、初日3勝1敗。決して油断はできません。
今回の好材料がもうひとつありました。
前日にアマМ人戦代表を決めたK尾師範代の目がバッチリ開いていること(笑)。
K尾師範代、たまゆら先生、巨漢Tコーチが勝ち、クールボーイに注目が集まります。
金曜日に、「せっかくだからK尾先生とたまゆら先生の間で指すか」と話したら、
「そんなのボコボコになるに決まってるじゃないですか」と例によってクールな返事。
当日もさんざん謙遜していましたが、K尾師範代が押し切って、2将席にすわっています。
相手は激戦区から全国代表の経験がある強豪選手。
序盤から終始優勢に指し進め、そのまま危なげなく勝ちきりました。
終わってみれば4-3なので、いきなりの勝利投手です。

2局目がこの日最大のヤマ、超強豪Rコーとの一戦です。
並びは1将たまゆら先生とベテランМさん、2将クールボーイと全国タイトル常連のTSさん、
3将K尾師範代と元G生名人・アマО将などいろいろのKRさん、4将が浪花の大豪Kさんと浪花の天才にして元G生名人YYさん、
5将は右玉Fさんとこれまた全国タイトル多数のベテランTRさん、
6将は勝負師N君と千葉の強豪ITさん、7将が受け師C君とT大OBの強豪Yさん。
目もくらむようなメンバーです。
相手の2将と3将は奇しくも三段編入試験挑戦経験者だったりする。
序盤で早くもリードを奪ったのがクールボーイ。
観戦にきたT下師範代は一貫してクールボーイ持ちです。
しかしながら、相手はかのKSさん。最後まで勝ちきるのは大変です。
まず最初に勝ち名乗りを上げたのは勝負師N君。
5三のと金に負けなし。格言どおりに相手の穴熊を姿焼きにしてくれました。
右玉Fさんも古豪TRさんを破る金星。
浪花対決となった4将戦。KさんはYYさんがC学生のときから知っているそうです。
アマ大会の予選でなんと当時アマ強豪だったI泉さんを破ったのだとか。
この一戦は大豪Kさんの作戦がみごとで、快勝となっています。
思わぬ苦戦をしいられたのが、不動の大将たまゆら先生。
観戦者によれば、一貫して劣勢だったようですが、そこは15連勝の信用。
誰も負けるとは思っていなかったようで、実際、最後は一気の寄せを決めました。
これで4勝。なんと強豪Rコーに勝つという望外、僥倖(笑)の結果です。
クールボーイは最後までゆるむことなく、超強豪TSさんをねじ伏せてしまいました。
おそるべし、クールボーイ。

3局目のT工大戦は6-1の完勝。
クールボーイはまたも元アマO将を破る快挙で3連勝を飾りました。
1部2将で「ボコボコ」になったのは相手のほうだったというわけですね。
今週のC学生選抜選手権に出場するクールボーイ、優勝候補の大本命と断言しておきます。
いささか余談になりますが、昼過ぎにTJ(手合いジュニア)がふらりと会場に現れました。
特に指す予定もなく、遊びにきたとのことですが、会場を回っているうちに、
人手不足に悩むいくつかのチームから声がかかったようです。
まあさすがに大学チームから出ることになるのだろうと思っていたら、
3局目が終わったところで、「俺、白研から出ろと言われて出ることになった」とぼそり。
白研は若手強豪の連合チームで、3日目の初戦の相手です。
父親への叛逆。27歳の遅すぎる反抗期……。
「オールT大ならともかく、いくらなんでも白研はないだろ」と言うと、
「え? 野島道場ともT大とも終わってるから大丈夫だって言われたけど」
「終わってない。というか3日目の初戦だし、T大だってまだじゃないか」
「ナニ? 俺は騙されたのか……」
こんなことで騙すほうも騙すほうですが、単純に騙されるのもいかがなものか。
戦国時代なら真っ先に自分の城を滅ぼしてしまうタイプです。
さすがに白研を断り、同級生のK尾師範代の説得に応じて、3日目以降は、
「起きられたら参加する」というゆるめの結論になったのだそうです。

3局目終了後、運営委員のTさんから私に声がかかりました。
「おたくが単独トップになりました」
チーム結成10年にしてついに単独トップ。
急いで本部席に駆け寄り、記念にリーグ表を写真に撮ったのは言うまでもありません。

4局目の相手は元参謀長こと頭脳派H君ひきいるH研。
ここまで1-6と苦戦しています。
序盤の様子を抜け番の勝負師N君に聞いたところ、「局面は全員よし」。
安心して2部、6部の様子をチェックし、戻ってみると様子がおかしい。
たまゆら先生、K尾師範代、浪花の大豪Kさんと三本柱はしっかり取ったものの、
なんと残りの4人が枕を並べて討ち死にしてしまったのでした。
単独トップで折り返す夢は一瞬にして消えた……。
つい数日前まではメンバーが足りるかどうかを心配していたのに、
人間、得意になると我を忘れてしまうものですね。
6勝2敗の折り返しは、これまでを考えると上出来としか言いようがない。
しかも勝ち数38は単独トップです。
3日目も白研、蒲T、O阪大、T大と強豪ぞろい。
やはり目標は無条件残留ということで、まずはあと2勝を目指すことにしましょう。
ちなみにたまゆら先生はこの日も4連勝。
ついに通算18連勝となり、F井四段の記録が視野に入ってきました(笑)。

最後に棋譜をひとつ。
クールボーイvsTSさんの棋譜も注文してあるので、
入手できたら掲載する予定です。ご期待ください。

先手:浪花の大豪Kさん 後手:浪花の天才YYさん
▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩
▲7七角△3四歩▲6八銀△3二金
▲7八金△4四歩▲4八銀△6二銀
▲2五歩△3三角▲4六歩△4二銀
▲4七銀△4三銀▲3六歩△5四歩
▲5八金△4一玉▲1六歩△5二金
▲3七桂△5三銀▲6六歩△7四歩
▲6七銀△6四銀▲2九飛△7五歩
▲4八玉△7六歩▲同 銀△7二飛
▲6七銀△7五銀▲7六歩△同 銀
▲同 銀△同 飛▲8二銀△7三桂
▲9一銀不成△4二角▲8二銀不成△6四角
▲5六銀△3五歩▲6五歩△4六角
▲4七金△3七角成▲同 玉△4五桂
▲2七玉△3六歩▲3八香△3七銀
▲6七金△3八銀成▲同 玉△3四香
▲7六金△3七歩成▲4九玉△4七と
▲7一飛△4二玉▲4七銀△7五歩
▲6六角△7六歩▲7五角△3三玉
▲2一飛成 まで先手の勝ち。
 

社団戦2日目①

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 7月31日(月)16時06分19秒
返信・引用
  長くなる一方の社団戦報告ですが、まだ2日目。
なるべく手短にまとめておくことにしましょう。

T急小学生大会はじめさまざまな要因でメンバー不足に陥った江古田軍団でしたが、
なんとか全チーム選手がそろってむかえた日曜日。
定刻にはほぼ全員がそろうという珍しい好スタートです(笑)。
まずは初日暫定トップとなった6部の心チームから。

6部は早指しWH君、ツメキスト2世HA君がT急大会に回っています。
あ、「詰将棋作家」は少し暑苦しいので「ツメキスト」にしました(笑)。
前回の暫定トップ、実はHA君パパの3連勝が大きかったので、この親子欠場は痛い。
ピンチヒッターを引き受けてくれたのは、C学生K修会員TY君とおなじみK村社長です。
初登場のTK君、家が私の近所なので、地元の駅で待ち合わせ。
電車の中でも詰将棋を解きつづけていて気合い十分です。
結果はみごと4連勝。
受験生のスイマーSD君も3勝1敗と、中学生が大活躍してくれました。
不動の大将Mさんも4連勝で、こうなるとチームも負けるはずがありません。
なんと通算8連勝で首位キープ。昇級に大きく前進しました。
ただし、ここから強豪がつづきます。
3日目もこの調子で行きたいところですが――。
化学者М君に感想を聞いたところ、「5部は強すぎますからねえ」と腰が引けています。
その昔、うっかり2部に昇級した初戦のあとで、М野百万円さんが、
「早く3部に帰りましょうよ~」と泣きそうな声を出していたことを思い出しました(笑)。

この日、6部ではもうひとつの収穫がありました。
3局目だったでしょうか、妙齢の女性との対局を終えたK村社長が私を手招きしています。
何ごとかと行ってみると、対局相手の女性が当道場に入会ご希望とのこと。
さすがK村社長、人徳で新入会員をひとりゲットしてくれたのでした。
ただこの女性、どうもかなり強いらしい。
次回の例会にご来場の方、覚悟してお相手をお願いします。

初日13位と苦しいスタートとなったチャイルドチーム。
T急大会に回ったハードパンチャーKA君はみごと優勝しています。
ピアニストFA君は関西旅行へ。京都の某大会でこれまた優勝。
どうやら将棋三昧の旅行らしく、先ほど届いたメールによれば、
今日は大阪ミナミの名門「三桂クラブ」を訪問するも、
あまりの風格に足がすくんで入れなかったとか(笑)。

助っ人はまず、先日C学生J名人となった惣領KM君。
惣領とわざわざ書くのは、K家はお父さんが大の将棋ファンで、
5人兄妹がすべて指すという将棋ファミリーの長男がKM君だからです。
お母さんが将棋を覚えれば、この一家だけで社団戦に出場可能(笑)。
それでも足りず、教室OBのSブラザーズ弟K君がきてくれました。
教室も10年つづけていると、まるで鮭の回遊のように、
少年たちが大きく成長してふるさとに帰ってきてくれるのがうれしいですね。

この日、初戦の相手は新婚サンを擁するAりチームです。
初参加から十数年、平均年齢も50歳は超えているでしょうか。
ただし、元奨励会2名、元学生名人、強豪大学レギュラーなど、
新婚サンを覗けばいずれ劣らぬツワモノぞろいです。
聞けば新婚サンは欠場だとか。これは警戒しないといけません(笑)。
とりあえず私は、相手の戦意を少しでも喪失させるべく、
金曜日に強引に送らせた聖Kトデラル教会を背にした新郎新婦の写真を、
相手チーム全員に見せることにしました。
みなさん卒倒しそうに驚き、大笑いしてくれたので、とりあえず作戦成功(笑)。

当日はツメキストRi君の誕生日前日。10歳最後の将棋となります。
作戦としては惣領KM君とRi君を交互に1将、2将に配置。
6~7将に回った熱血こま記者が白星を稼ぎまくる、というもの。
初戦はこれがみごとに当たり、1~2将のふたりが元奨励会強豪を連破。
終わってみれば5-2の快勝となりました。

2局目H橋大、3局目Bの旅には敗れたものの、4局目のZファー戦を制し、
この日のトータルはチーム2勝2敗。
残留にむけて希望が出てきたと思います。
Ri君10歳最後の戦いは3勝1敗。
2部の1~2将で通算6-2は、一部でも十分に通用する成績です。
惣領KM君は2勝2敗でしたが、うち1敗は元奨励会三段。
さすがC学生J名人という働きぶりでした。
初日4連敗してしまった教室のアイドルKSt君も2勝2敗と盛り返しています。
昨年のK急小学生名人戦の優勝者だけに、まずは同大会を連覇して勢いに乗り、
3日目は勝ち越してくれることを期待しましょう。
 

訂正

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 7月30日(日)08時33分51秒
返信・引用
  昨夜の書き込み、寝ぼけてましたね。
「元Y幡のレストランが8月9日」は、
「本Y幡もレストラン開店が8月9日」でした。
失礼しました。
 

例会報告&緊急速報

 投稿者:手合い係  投稿日:2017年 7月29日(土)21時43分14秒
返信・引用
  まずは速報から。
本日アマM人戦神奈川予選があり、K尾師範代がみごと代表に!
いまや全国一の激戦地区といわれる神奈川だけに、すばらしい結果です。
ちなみに決勝の相手はチームメイトのたまゆら先生。
明日の社団戦は激戦地区のトップ2人を擁しての戦い。
大いに期待しましょう。

金曜日の例会にご参加いただいたみなさん、おつかれさまでした。
体調不良の方が多く、大人の部はちょっと閑古鳥。
逆に夏休みで子どもたちが多く、指導対局は合計32局でした。
N八段、長時間にわたるご指導、まことにありがとうございました。
結果は下手の4勝28敗。先生の本気度がよくわかると思います。
大人で唯一の白星はM野百万円さん。
二枚落ち銀多伝をみごとに指しこなしての完勝でした。

終了間際にすべりこんできたのがオムシェフY君。
元Y幡のレストランが8月9日に迫り、多忙な日々を送っています。
将棋もしばらく指せないので、せめて一局と駆けつけたのでした。
お店の名前はGフト。オープンしたら一同で押しかけましょう。
メールでお誘いしますので、その折にはよろしくお願いします。

例会のさなかに私の携帯に2枚の写真が届きました。
聖Kテドラル教会をバックに寄り添う新郎新婦。
黒のタキシードに身を包んだ54歳の新郎のニヤケ顏、
いやほほえみは、幸せの押し売りという以外に表現のしようがない。
ともあれ、お幸せに。






 

レンタル掲示板
/100